最近4kテレビとか、4kディスプレイとか「4k」という言葉をよく聞きますが、この4kとは、画面解像度が横4000×縦2000くらいあるよ、ということを表しています。kはキロ(1000倍)という意味です。
4kテレビや4kディスプレイの場合、正確には横3840×縦2160となります。フルHDが縦1920×横1080なので縦横に2倍ずつ、つまり4kは画面解像度がフルHDの4倍ということになります。

画面解像度というのは、画面に画素という画像の最小単位が縦横に何個並んでいるか、ということを表したものです。
解像度が高いと画面の描写がより細やかになります。動画や画像、ゲームの映像がよりシャープに美しく見え、パソコンでの作業でもデスクトップが広く使え、作業がはかどりやすいという利点があります。

では、今すぐにでも4kディスプレイを購入して、今使っているパソコンのディスプレイと交換すべきか、というと、そうとは限りません。パソコンによっては、4kディスプレイを接続しても解像度が4kにならない場合もあります。

少し古いパソコンの場合、グラフィックスの出力が4k出力に対応していない場合があります。この場合、4kに対応するグラフィックスカードというパーツを購入し、交換しないといけないのです。
また、出力端子の問題もあります。4kディスプレイをDVI端子やHDMI端子で接続すると、おそらく動画やゲーム画面は表示がかくついて使い物にならないでしょう。4kディスプレイで動画やゲーム画面をスムーズに表示させたいなら、現状では「DisplayPort 1.2」という規格の端子で接続する必要があります。
さらに、OSも4kに対応している必要があります。

パソコンで4kディスプレイを使用したい場合は、まずお手持ちのパソコンが以上の条件を満たしているか、または満たせるかという点をチェックしましょう。